中央リテールで審査落ちする理由とは?審査が甘いという口コミは本当?

中央リテールの審査について

中央リテールは、複数のローンなどの返済によって、月々の返済額が多く困っている方向けの、おまとめローン専門店です。

 

中央リテール

 

返済を一本化でき、なおかつ毎月の返済額が少なく済めば本当に楽になりますよね。
でも、実際のところ借りられるのか?というのが一番気になるところ。

 

そこで、

  • 審査の内容は?どこを調べられるの?
  • 審査落ちする理由は?
  • 審査が甘いっていう噂は本当?

こんな中央リテールの審査について、調べてみました。

 

↓↓気になるこんな噂について、実際はどうなのか調べてみたので、気になる方はどうぞ!
 中央リテールは審査が甘いって本当なの?

 

中央リテールで審査落ちする理由はこれだった!

中央リテール

 

中央リテールで審査落ちをしたという方、これから審査を受けてみようかと思っている方、審査の内容や審査落ちする理由を知りたいという方も多いと思います。

 

しかし残念ながら、中央リテールに限らず、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などといったどこの金融機関でも、審査内容に関しては一切公表されていません。
直接問い合わせをしてみても、答えてはくれませんでした(いわゆる社内規定で、外部には洩らせないようです…)。

 

そこで、金融関係にお勤めの方や、過去に中央リテールやその他金融会社で審査落ちされた方などを参考に、審査落ちする理由を挙げてみました。
審査落ちされる方は、次の4つのうちどれかに当てはまるかと思います。

 

信用情報に問題がある

これは、信用情報機関で調べた結果、何らかの問題がある場合です。
内容にもよりますが、信用情報に問題がある場合は審査落ちしてしまう可能性が大きいです。

 

自分では大丈夫と思っていても、過去の利用状況などから判断されてしまうこともあり、こればかりは審査を受けてみないと分かりません。

 

信用情報って何?

信用情報とは、個人のクレジットやローンを利用した際の記録を集め、保存しているものです。
主に3つの信用情報機関があり、日々それぞれのデータを相互に交換しながら、個人の信用情報を管理運営しています。
例えばクレジットカードを申し込んだり、ローンを申し込んだりする際には、必ず信用情報が確認されています。


  • 延滞

過去や直近に、返済が遅れてしまった事がある方や、返済日を過ぎているのに返済がされていないものがある等です。
一度でも返済の遅れが発生すると、信用情報機関に情報が記録されてしまうため、審査の際に不利になってしまうんです。

 

たった1日の遅れでも記録されてしまうため、ご注意ください。
ちなみに、こういった支払いでも信用情報機関には記録されています。

・クレジットカードの利用
・マイカーローン
・携帯やスマホの分割支払い
・保険のカード分割払い

当然ですが、現在延滞中(未払い)の支払いがある場合は、100%審査落ちしてしまいます。
信用情報機関では、支払い状況は過去2年間の履歴が閲覧可能ですので、ご自分で身に覚えがある場合は確認してみてください。

 

また、延滞がない場合でも、クレジットカードのリボ払い残高がほぼ満額で、返済後すぐに利用枠いっぱいに利用するなど、利用状況が自転車操業状態になっているなどの場合も、審査に落ちる場合があります。

 

  • 多重申し込み

中央リテールへの申し込みと同時期に、他社のおまとめローンやカードローン等に申し込んでいませんか?
いわゆる多重申し込みといわれる状況で、複数に申し込みをしていると、審査落ちの原因になる場合があります。

 

これは、複数に申し込んでいることで急に借入額が増えることを警戒したり、借り逃げを警戒されたりするためです。
また、よほど返済に窮していると思われてしまう場合もあります。

 

審査に落ちた場合を考え、まとめて申し込みをする方がいますが、極力避けたほうが無難です。
もし中央リテールで審査に落ちて他社に申し込む場合でも、ある程度の期間をあけて申し込みされることをおすすめします。

 

  • ブラックリスト

これは一度は聞いたことがあると思いますが、過去に債務整理(自己破産等)をしていたり、長期間の延滞があったりで、事故情報や異動情報に登録されている状態のことです。

 

ブラックリストに登録されている場合は、間違いなく審査には通りません。
この登録は5年で削除されますが、各金融機関で独自に保存されている場合もあるため、一概には言えません。
※自己破産の場合は8〜10年残ります

 

  • スーパーホワイト

スーパーホワイトという金融用語をご存知でしょうか?
ホワイトともいいますが、信用情報機関に全くデータの無い方のことです。

 

過去に一切借金をしたことがないか、あるいは自己破産明けの方がこれにあたります。
新卒の方など、クレジットカードなどを作成したことさえない場合は、データが全くないわけです。

 

借金がなければ問題ないように思えますが、なぜ審査に掛かってしまうのかと言うと、やはり自己破産明けの方が警戒されてしまうからです。
20歳前後の若い方ならよいのですが、ある程度歳をとっていてホワイトの場合は、自己破産明けを疑われるわけです。

 

中央リテールの場合はおまとめローン専門なので、ここに該当することはありませんが、クレジットカードが発行できなかったり、アイフルやプロミスといった消費者金融で審査に通らない場合は、意外とこういうケースもあるようです。

 

 

返済能力の有無

返済能力の有る無し、これが一番多い理由ではないでしょうか?
簡単に言えば、借入金額に対して収入が少ない、不安定ということです。

 

例えば、
・専業主婦の方、パートやアルバイトの方
・自営業の方、正社員でも収入が安定しない方
こういった方の場合は、審査に通りにくい傾向にあるようです。

 

おまとめローンの場合は総量規制の対象外になりますが、それでも収入に見合った金額以上は無理ですし、審査に通ったとしても、融資額が減額される場合が多いです。

 

ただし、収入が少ないという事が必ずしも要因とは断言できず、過去の実績や家族構成、不動産の有無など総合的な判断になるということは言えます。
しかし、自営業の方の場合のみは、他のローンの審査と同じく厳しいのが現状です。
自営業者は収入が不安定ということで、マイカーローンやクレジットカードの審査でさえも厳しいです。

 

ただし、毎年の確定申告をしっかりと行い、数年にわたって安定した収入があると証明できれば、これに限ったことではありません。

 

 

申告内容の虚偽

これは絶対に注意してほしいのですが、中央リテールへの申し込み時に申告する内容を、分からないだろうと適当に記載しないほうがよいです。
例えば他社の借り入れ状況だったり、勤続年数だったり、審査時には非常に重要な項目なんです。

 

ちなみに、審査に必要な項目は下記の内容です。

・借り入れ希望額、他社借入状況
・名前、生年月日、住所、電話番号
・住居(借家か持家か)、家賃(住宅ローンの支払額)
・居住年数、家族構成
・勤務先名、電話番号、勤続年数、社員数
・職業、年収、保険(社保、国保、共済、組合)

電話番号は、自宅にない場合は携帯電話や勤務先にしておき、いつでも出れる状態にしておくことをおすすめします。
※中央リテールでは電話をかけてもらう時間の指定が可能です
電話はあくまで在籍確認のためですので、質問されるのは生年月日など簡単なものです。

 

どれも大事な項目なんですが、特に注意したいのが他社の借入状況です。
嘘をついても信用情報機関に問い合わせすれば分かりますので、必ず実際の借り入れ状況を申告してください。

 

軽微なミスなら構いませんが、数十万単位で隠してしまうと、信用を失い、結果審査に通らなくなってしまいます。

 

 

スコアリング基準を満たしていない

これは中央リテールが採用しているかは分からないのですが、クレジット会社やローン会社、消費者金融などでは行われている審査内容です。
申込に申告された内容を、それぞれ点数をつけ、その合計点数によって合否を判断するというものです。

 

他でも挙げましたが、契約社員などの不安定な雇用状態や、他社の借入額が多かったり、勤続年数が短い場合などがマイナス要因になります。
逆にプラス査定になるのが、持家だったり居住年数が長かったり、同居家族がいたりといった場合です。

 

ちなみに、新卒の場合は勤続年数が短くても、逆にプラスになるようです。
最終的には総合的な判断になりますので、自分ではどうしようもない部分ではあります。

 

これらが、中央リテールで審査落ちする理由の主なものになります。
厳しいと思う方もいるかもしれませんが、銀行などの審査に比べればかなり優しいほうだと思います。

 

中央リテールの場合は審査にかかる時間も短く、最短でしたらたったの1日で融資が可能です。
銀行や信用組合などは1週間以上かかる場合がほとんどなので、急ぎの方には本当に頼りになります。

 

これから審査を受けてみようという方で、「上記に心当たりがあって不安」という場合も、一度審査を申し込んでみることをおすすめします。
私も経験がありますが、「通らないだろうと思っていたのに通った!」ということが何度かあります。

 

こればかりはやってみないと分かりませんので、おまとめローンをお考えの方は、まず審査を申し込んでみてください。

 

 

 

仮審査ではここを見る

通常、審査には仮審査と本審査があり、融資が可能かどうかの判断をしています。
では、本審査の前段階、仮審査ではどんなことをチェックしているのでしょうか?

  • 返済能力についての調査
  • 年収や仕事、勤続年数といった、融資をした場合に支払いが可能かどうかをチェックします。
    独自の審査基準から審査を行い、どれくらいまでなら融資が可能かの判断もされます。

  • 信用情報についての調査
  • 他社からの借り入れ状況や、延滞などの調査を行います。
    信用情報機関に問い合わせ、過去の履歴をしっかりチェックします。

以上が仮審査でチェックされる主なポイントになります。
申し込み時に記入した内容を元に判断され、ここで虚偽があれば分かるようになっています。

 

実は、審査のほとんどが仮審査の段階で行われており、仮審査が通ればほぼ100%本審査は通ります
一概には言えませんが、融資の審査ではどこの金融会社でも同じような手順となっています。

 

 

本審査の内容は

仮審査をパスすると、今度は最終確認の意味も含めた、本審査へと移ります。
本審査では、電話での在籍確認など、申し込みの内容が間違いないかの確認が主な内容となっています。

 

しかし、実は仮審査に受かっていても、本審査で落ちてしまうケースがあるんです。

  • 他社の借入金額以上に希望金額を記入した
  • せっかくおまとめローンを組むんだからと、他社で借りている以上の金額を借りようと記入するケースです。
    おまとめローンは他社への一括返済用ですので、他の用途での借り入れはできません。

  • 現在無職や個人事業主なのに、前の勤務先を記載した
  • 現在の収入が少ないため、収入の良かった前職を記載するというケースです。
    これは明らかな虚偽申告にあたり、100%審査落ちしますので、絶対にやめてください。

  • 年収を偽って多く記入していた
  • 自分の年収では借入できるか不安だったため、嘘の年収を記入するケースです。
    本審査時に収入を証明する書類を求められた場合、必ず発覚します。

  • 自分以外の名前で申し込んだ
  • こんな方はいないと思いますが、犯罪行為にあたります。
    また、家族の名義で申し込む方が稀にいますが、同意を得ていない場合はこれも犯罪となる場合があります、絶対にやめてください。

見て頂いたら分かると思いますが、虚偽の記載は後で分かりますし、もし借り入れ後に発覚した場合は訴えられてしまう場合もあります。

 

申し込み時の記載事項は、融資において重要な項目ばかりです。
思い込みなどによるミスは仕方ありませんが、しっかりと記載されることをおすすめします。

 

 

もしも否決(審査落ち)されたら

中央リテールで審査を申し込んでみたものの、否決された場合は諦めるしかないのでしょうか?
その点が気になったため、調べてみました。

 

答えとしては、再審査してもやはり難しいようです。
信用情報や返済能力など、しっかりと精査したうえでの否決となるため、再度審査を申し込んでも結果は同じようです。

 

ただ、審査落ちしたのは社内独自の規定や相性が悪いためという可能性も大きいので、諦めずに他社で申し込みをされてみる事をおすすめします。
一点注意が必要なのは、立て続けに何社も申し込みをしないということです。

 

他の項でも記載していますが、申し込みをしたという履歴は、信用情報機関に残ります。
当然申し込み後に借り入れがない場合は、審査落ちしたと見られます。

 

そのため、何社にも連続して申し込みをすると、何度も審査に落ちていると見られ、審査時にかなり不利になってしまうんです。

 

申し込みをした履歴は、数か月間は保存されるようですので、申し込みは中央リテールと合わせて2社程度で留めておき、2〜3か月間を置いてから、他社への申し込みをされることをおすすめします。

 

 

審査落ちしないためには?

中央リテールに限らず、ローンやクレジットカードの審査に落ちないようにするために、自分でもできる対策がいくつかあります。
これから申し込みをお考えの方は、参考にしてください。

 

  • 1、申込内容をしっかり確認する

申し込み時に記載する、他社の借り入れ額、勤続年数、居住年数など、しっかり確認をしておいてください。
「適当でいいや」と考える方が多いようですが、審査時にかなり重要な部分ですので、分からなければ調べてから記入することをおすすめします。

 

  • 2、延滞があれば待つ

もし延滞(返済の遅れ)の経験があるという方は、待ってみるのも一つの手です。
延滞から1年間は履歴が残ってしまうので、履歴が消えた頃に申し込んでみおてください。

 

  • 3、未払いがあれば支払っておく

もし現在、他社のローンやクレジットカードの未払いがあるという方は、100%審査には落ちてしまいます。
そのため、事前に未払い分は払ってから申し込んでください。
※携帯やスマホの端末代金の分割払いも対象になります

 


中央リテールの不動産担保ローン

 

中央リテールには、担保なしのローンと、不動産を担保にする不動産担保ローンの2種類の融資方法があります。
通常は担保なしのローンですが、自宅や土地などをお持ちの方は、不動産を担保にするとかなり有利に融資を受けることが可能になります。

 

 

不動産担保ローンて何?

不動産担保ローンとは、文字通り不動産を担保にして、お金を借りる事のできるローンです。
普通のローンに比べて金利や借入額の点でメリットがあります。

 

一般的に、住宅よりも土地に対する評価基準により審査され、不動産の持つ価値(評価額)の5〜7割程度までの融資となります。
当然ながら、銀行などが担保設定している場合は借入できない場合もあります。


 

不動産担保ローンのメリット

低金利で借り入れ可能

中央リテールの担保なしの場合の金利は、年10.95〜13.0 %です。
これに対し不動産担保ローンの金利は、年8.2〜9.8 %です。

 

例えば、100万円を5年間借りた場合…
10.95%なら1,303,018円
8.2%なら1,222,304円

 

約8万円も節約できる計算になるんです。
担保を設定することで借りやすくもなりますし、支払う金額も減ってかなり有利なことがわかると思います。

 

融資額が6倍にも

無担保のおまとめローンの場合、融資限度額は500万円までです。
これに対し不動産担保ローンの場合、融資限度額は3,000万円まで可能です。

 

もちろん誰でも満額借入できるというわけではありませんが、他社の借入額が多く、普通の融資額では足りないという方にはかなり助かると思います。

 

不動産担保ローンのデメリット

審査に時間がかかる

無担保の場合、審査に最短で2時間、融資までも1日で完了します。
これに対して不動産担保の場合は、融資まで最短でも4日必要になります。

 

これは、不動産の確認や価値の鑑定に時間がかかってしまうからで、どこの金融業者でも同程度の時間がかかります。
もし急を要する場合は、審査に時間がかかることを見越した上で、早めの申し込みをされてください。

 

返済できない場合は不動産を失う

これが不動産融資最大のデメリットではないでしょうか?
不動産を担保にしている以上、返済が滞った場合、不動産を取られてしまいます。

 

ただ、延滞が発生して即取られるということではありませんので、ご安心ください。
一般的には、早い場合で半年〜8か月ほどで差し押さえ通知書が届き、競売にかけられるのは1年以上経過してからのようです。

 

中央リテールの場合どの程度の期間になるかは不明ですが、銀行のように2か月ほどで差し押さえに入られる可能性もないわけではないので、極力そのような事態にならないためにも、計画的な返済をされてください。

 

また、不動産担保ローンの場合は、抵当権の設定費用など、設定するために費用がかかります。
申し込みの際に中央リテールで金額を確認しておいてください。

 

>>中央リテールの審査申し込み


審査が甘いって本当なの?

 

中央リテールに関して、よく「審査が甘い」という書き込みや噂を目にします。
実際のところ、本当に他社のおまとめローンに比べて審査が甘いんでしょうか?かなり気になる本当のところを探ってみました!

 

いきなり答えからになりますが、確かに中央リテールの審査は甘いですし、借入しやすいです。

 

中央リテールのような中小の金融会社は、大手金融会社や銀行などに比べ、審査の通過率が倍以上というデータがあります。
はっきりとした理由は、各社の機密事項のため不明ですが、選定基準が低いというのは間違いないようです。

 

実際、大手のローンでことごとくダメだった方が、中小の金融会社で即OKをもらえたという話をよく聞きます。

 

銀行系のカードローンや大手おまとめローンで審査落ちされた方は、中央リテールのような中小の金融会社はおすすめです。

 

中小の金融会社=サラ金・悪質・怖い、こんなイメージを持たれている方が多いようですが、闇金ではないんですから、心配しなくても大丈夫です。
私の経験から言うと、いざという時は銀行が一番えげつないし怖いです…。

 

中央リテールは審査が甘いという噂の注意点!

「審査が甘い=ブラックでもOK」と勘違いされる方がいますが、それは間違いです。
中央リテールでも、ブラックの方(他社で延滞がある方など)、収入の無い無職の方が審査に通ることはありません。

 

ただし、過去に債務整理(自己破産含む)の経験がある方でも、現在の収入状況等を考慮し、審査に通ることがあります
そういう方は、一度審査を受けてみるとよいかもしれません。

 

また、中小の金融会社は、大手、特に銀行のローンに比べて金利が高めです。
数百万円単位で借りた場合は、総支払額に大きな差が出ますので、その点はご注意ください。

 

中央リテールなら、相談に乗ってもらえる

 

中央リテールは、一般の金融会社と違って「おまとめローン」専門です。
そのため、使途自由のカードローンなどと違って、おまとめローンの相談をしやすいんです。

 

銀行系などでは相手にもされなかったという方も、中央リテールなら相談に乗ってもらえます。
もちろん、審査規定で無理なものは無理ですが、希望額を減らしたりといった相談ができるかもしれません。

 

大手と違って、ある程度裁量の範囲があるというのも、中小の金融会社の特徴であり、利点です。
他社で断られて無理だとあきらめる前に、一度申し込みや相談をしてみてください。

 


おまとめローン

 

「毎月の返済が多く、支払いが大変…」
「毎月の返済額ってもう少し減らすことはできないのかな?」
こんな方の救世主が、おまとめローンです。

 

 

おまとめローンって?

複数の金融機関等に対し、ローンや借り入れがある方に対し、借入金の総額、あるいは一部を一括返済できる額を融資する金融商品の総称です。

 

以前は整理屋といった悪質な業者が行っていましたが、現在は銀行なども参入し、一般的な商品となっています。
同じように借金をまとめる「任意整理」とは違い、信用情報に傷をつけることなく債務を一本化できるという利点がある。


 

何枚ものクレジットカードのリボ払い、気付けば支払いだけで10万円も毎月支払っている。
こんな方には、おまとめローンをぜひおすすめしたいです。

 

借金を一つにまとめることで、支払先を一つに絞ることができますし、何より毎月の返済額を大幅に減らすことができます。
金利の高いリボ払いやキャッシングを利用されている方なら、低金利で借り直すことで、総支払額を減らせるというメリットもあります。

 

もちろん、途中で繰り上げ返済することもできますし、計画的に借金を減らしていくことができます。

 

おまとめローンはこんな方におすすめ

  • 複数のローンや支払いがある
  • 毎月の支払額を減らしたい
  • 毎月の返済日が月初と月末に複数あり面倒
  • 借入額が多く、利息分を支払うばかりで元金が中々減らない

 

他でも書きましたが、おまとめローンは総量規制の対象外となるため、「これ以上は借りられないんじゃないの?」とご心配の方でも大丈夫です。
毎月の返済で悩んでいる方は、中央リテールのようなおまとめローン取り扱い店へ一度相談をしてみてください。


中央リテールのデメリット

複数の借り入れがある方に便利な中央リテールですが、メリットもあればデメリットも当然あります。
そこまで大げさなことでもありませんが、念のため記載しておきます。

 

東京の事務所に行く必要がある

中央リテールは、東京のみ1店舗のおまとめローン専門店です。
他に店舗がなく、契約の際には必ず店舗へ出向かなくてはなりません。
そのため、東京近郊以外の方は利用しにくいというデメリットがあるんです。

 

おまとめ以外に利用できない

おまとめローンは、利用目的が他社の返済のみとなっています。
そのため、中央リテールでは買い物やその他の支払いでの利用はできません。
もしも返済以外に利用した場合は、契約違反となり一括返済を求められますので注意してください。

 

返済のみで借り換えできない

例えばクレジットカードやキャッシング、フリーローンなどの場合、ある程度返済後利用枠に余裕ができれば、その分をまた借入することができます。
しかしおまとめローンの場合、利用後は返済のみとなるため、借入をすることができないんです。

 

 

以上のようにデメリットも当然ありますが、地方にお住いの方でも、東京に出向いて融資を受けられる方も結構多いそうで、審査面や融資内容にそれだけメリットがあるということではないでしょうか。

 

地方にお住まいの方は

上のデメリットの中で、東京の中央リテールの事務所に行く必要があると書きましたが、東京在住でないと融資が受けられないという事ではありません。
日本全国どこにお住いの方でも、申し込みや融資は可能です。

 

ただ、遠方にお住いで東京に出向くのは難しいという方も多いと思います。
そういった方は、全国対応のおまとめローンや借り換えローンがありますので、そちらにまずは申し込みをされるとよいと思います。

 

銀行でもそういったローンを扱っているところは多いので、まずは問い合わせてみてください。

 

ただし、銀行のおまとめローンは審査に時間がかかり、審査自体もかなり厳しいものになっているので、その点のみご注意ください。

 

全国対応のおまとめローン・フリーローン

 

>>ローンご融資相談センター

 

>>全国対応・即日融資のSGファイナンス


中央リテールに関する気になるQ&Aと経験者のアドバイス

店舗に行かなくてはいけないという事で迷っています。

東京まで行って審査が通らない場合を考えると、躊躇しています。

来店前に仮審査を行い、その結果審査に通れば来店という形になります。
来店の際には書類等の確認が主になりますので、ご心配なら電話で相談されてみてください。

 

銀行で断られたのですが、中央リテールなら通り易いんでしょうか?

人それぞれで状況が異なるため、一概には言えません。
融資内容や現状の相談など、丁寧に相談にのってもらえるので、電話で確認してみるのが安心だと思います。

 

中央リテールではクレジットカードのリボ払いも、おまとめローンの対象でしょうか?

その場合はどうすれば良いのでしょうか?

普通のローンやキャッシング、リボ払いや分割払いも全ておまとめローンの対象です。
クレジットカードに関しては、解約が融資の必須条件となります。

 

融資してほしい金額が100万円ほどで1社だけなんですが、可能でしょうか?

中央リテールはおまとめローンの専門です、そのため、融資の条件に「複数の会社からの借り入れ」等があります。
残念ながら、1社からの借り入れへの借り換えには利用できません。

 

中央リテールでおまとめローンを組んだ後で、他社での借り入れはできるのでしょうか?

おまとめローンは総量規制の対象外となるため、他社でも年収の三分の一までは借り入れが可能です。
ただし、その際の審査は厳しくなるケースがあるようです。

 

おまとめローンを利用する場合、クレジットカードの解約は必須でしょうか?

審査状況にもよるようですが、大抵の場合は解約が必要になるようです。
それぞれで状況が違いますので、申し込みの際に相談されてみてください。

 

複数社の返済が苦しく、利用を考えています。

ただ、おまとめローンは怖いイメージがあり心配なのですが、大丈夫なんでしょうか?

借金の一本化は、昔は悪質な業者がたくさんあり、闇金なども行っていたそうです。
しかし今は銀行なども行っていますし、変なところを選ばなければ安心して大丈夫です。
中央リテールはすごく丁寧で安心でしたよ。

 

 

page top