中央リテールの返済方法は?金利や借り換えについても解説

中央リテールの返済方法について

 

中央リテールで融資を受けた場合の返済方法について調べてみました。
借りるのはいいけど、どうやって返済していくのか気になる方へ。

 

  • 支払い方法は?
  • 返済日は?
  • 金利はどれくらい?
  • 再借入はできる?

 

これら気になる内容について解説しています。
融資を受ける方、おまとめローンをお考えの方は参考にしてください。


中央リテールの支払い(返済)方法

中央リテールの返済方法ですが、指定口座への振り込みのみとなります。
コンビニ決済や振込用紙などは対応していませんので、返済日に忘れずに振り込みを行ってください。

 

もしも遅れた場合には

もし万が一遅れそうなときは、事前に電話で連絡をすることをおすすめします。
即全額を請求されることはありませんが、何度も続くとそういう場合も考えられます。

 

また、遅れてしまった場合は遅延損害金を支払わなくてはいけなくなるため、非常に損をしてしまいます。
年率20%と結構な額になるので、絶対に遅れないように計画的に返済されることをおすすめします。

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、借入金の支払いを滞納した場合に生じる賠償金の支払いのことです。
遅延損害金は、利息の計算同様、年率で日割り計算を行ないます。そのため、滞納日数が増えるほど金額は上がっていくことになります。
※遅延損害金の年率は、利率よりも高くなるケースがほとんど
遅延損害金の上限は、年率20%までと決められていて、多くの金融機関では、遅延損害金を年率20%としています。

 

返済方式について

中央リテールの返済方式は、元利均等返済になっています。
元金均等返済と混同しやすいので、注意してください。

 

元利均等返済とは?

返済額が一定(元金と利息合わせた)のため、返済開始当初の返済額を少なくすることができ、返済計画が立てやすいのが特徴です。
ただし、元金均等返済に比べて返済総額が多くなってしまうデメリットがあります。

元金均等返済とは?

返済が進むにつれ、返済額が少なくなっていきます。
元利均等返済に比べ、元金の減少が早いため総返済額は少なくなります(借入期間が同じ場合)。
返済当初の返済額が多いというデメリットがあります、また、借入時の審査が厳しいです。

 

それぞれに特徴があり、長所も短所もあります。
元利均等返済はマネーローンに、元金均等返済は商品などの分割払いに多く利用されています。

 

ちなみに、他にもこういった返済方式があります。

 

アドオン返済

返済が終了するまで、最初の借入額を元本として利息を計算する方式です。
毎回元金と利息が一定で元金が減っていくのに、返済額はずっと同じなため、総返済額は多くなります。

リボルビング返済

いわゆる消費者金融で多く採用されている返済方式です。
利用限度額を設定し、それを毎月分割して返済していく方法で、新たに借り入れをしても毎月の返済額が変わらないため、多重債務者を生む要因と言われています。


返済日はいつ?

中央リテールの場合、返済日は自分の都合の良いに決める事が可能です。
融資時に担当者と話し、自分が毎月返済しやすい日にすることができます。

 

例えば毎月25日が給料日なら、翌日の26日といった感じで決められます。
ただ注意してほしいのが、毎月好きな日にできるというわけではないという点です。

 

「都合の良い日に返済すればいい」と勘違いされる方がいますが、そういうわけではないので、注意してください。

 

また、返済日が土日などの場合は振り込みできない方もいると思います。
そういう場合は、余裕をもって事前に振り込み予約をするなどして延滞を発生させないようすることも大事です。

 


金利はどれくらい?

中央リテールの金利がどれくらいなのか気になる方も多いのではないでしょうか?
他社に比べて高いのか低いのか?誰しも損はしたくないものです。

 

金利はどこの会社でもそうですが、何%と決まっている物ではありません。
何故かというと、個人個人で借入額や毎月の返済額、返済期間が違うからです。

 

そのため、何%〜何%となっているんです。
どれくらいになるのかは、それぞれの金融機関の内部規定になりますので、借入時にしっかり確認されてください。

 

では、ここでは他社と比べてどうなのかを比較してみます。

 

中央リテール 10.95%〜13.0%
プロミス 6.3%〜1708%
アコム 7.7%〜18.0%
アイフル 12.0%〜15.0%
ユーファイナンス

7.3%〜15.0%

SGファイナンス 9.85%〜14.85%

 

これは、全ておまとめローンの金利の比較になります。
ご覧のように、下限は高めですが上限はかなり低めの金利ということが分かると思います。

 

借入をされたことがある方は分かると思いますが、最低金利は大きな借り入れの額の場合で、ほとんどのケースでは当てはまりません。
そのため、上限の金利がどれくらいなのかが非常に大事です。

 

中央リテールは、大手金融会社に比べても金利が低く抑えられているため、おまとめローンをするのにおすすめの会社なんです。


再借入は可能?

 

これも気になる方が多いと思いますが、借り換えの可否についてです。

 

ここで再借入とは、一定額返済した場合に、返済額分を新たに再度借り入れする事をいいます。
クレジットカードで言えば、満額利用している場合に5万円返済し、その5万円分でまた買い物をするという事ですね。

 

結論から言うと、中央リテールではこの再借入ができません
中央リテールでは、おまとめローンの借入金は返済のみになるからです。

 

クレジットカードや消費者金融のように、返済した分を再度借入できてしまうと、借金の一本化をする意味がありません。
そういった事もあり、再度の借り入れはできなくなっているんです。

 

ただ、他社での借り入れは可能です。
しかし、せっかく一本化したのですから、極力新たな借り入れは控えたほうが無難です。


page top