中央リテールでの借り入れは総量規制の対象外に!?

中央リテールの借り入れは総量規制の対象外になるの?

 

中央リテールの借り入れは、いわゆる総量規制の対象外になるって本当でしょうか?
もし本当なら、今ある借り入れを全て一本化したいという方も多いと思います。

 

そこで、中央リテールのおまとめローンが総量規制の対象になるのかどうか、調べてみました。

 

 

総量規制ってなに?

総量規制とは、簡単に言うと年収の3分の1を超える借り入れを制限する、過剰貸し付けに対する法律のことです。
例えば年収が300万円の方の場合、100万円までしか借り入れできないという事です。
ただし、住宅ローンや高額医療費などに対する貸し付けは除外され、おまとめローンのような返済のための借り換えなどは例外とされています。


 

 

おまとめローンは総量規制の対象外

結論から言うと、おまとめローンは総量規制の対象外になるようです。
これは中央リテールに限ったことではなく、銀行や他の金融機関の場合でも同じです。

 

貸金業法の総量規制の条文の中に、「段階的な返済のための借り換え」は例外と規定されており、これがおまとめローンになるわけです。
返済に窮した場合の救済措置的な位置づけでしょうか?

 

現行の法律で認められている貸し付けですので、総量規制の対象にはならず、年収の3分の1を超える借り入れとなった場合でも、合法ということになります。
大丈夫なのか心配している方も、間違いなく借り入れ可能ですので、安心してください。


総量規制の対象外でも借り入れ可能とは限らない

 

「総量規制の対象外なら、おまとめローンを利用してみよう。」
こう考える方も多いと思いますが、総量規制の対象外だからといって、借り入れが可能というわけではないので、注意してください。

 

いくら年収の3分の1以上の借り入れができるといっても、返済能力以上の貸し付けは、どこの金融機関もしてはくれません。
つまり、その人の借入額と収入のバランスを見て、返済が可能と判断できる金額までしか融資してくれないんです。

 

こればかりは金融会社が決定することなので、いくら自分で返済できると思っていても、貸してくれなければ意味がありません。
審査の前に相談されるか、審査結果を聞いた後で借入額について相談してみてください。

 

満額は無理でも、希望額に近い金額で借り入れが可能なケースもあります。
おまとめローンですので全額を一本化したいところではありますが、審査の内容によってどうしても個人差がありますので、しっかりと相談することをおすすめします。


おまとめローンを借り入れ後の注意点

無事におまとめローンを利用できた場合の注意点があります。
それは、おまとめローンの借入時には総量規制の対象外になりますが、その後の借り入れをする場合は、おまとめローン借入時の金額も総量規制の対象になるということです。

 

ちょっとややこしいんですが、おまとめローンを借りた後は、その借りたお金は通常の借入金と同じ扱いになるということです。
例えば、年収300万円の方が90万円をおまとめローンで借りた場合、あと10万円しか新たに借り入れできないという事になるわけです。

 

この点を勘違いされる方が多いのですが、おまとめローン借り入れ後に借り入れする場合は注意してください。

 

 

中央リテールの審査内容に関しては、こちらで詳しく解説しています。
>>中央リテールの審査


page top